6 volta

​第6話

滞在記6話⑦.jpg

イタリアの祭日パスクワ(復活祭)がやってきた。 

イタリアへ来たのは初めて。渡伊前に、イタリアについて何を学んで来たのか?

数ヶ月、そう...短期のイタリア集中語学。
思い起こせば、それだけ?だったかもしれない。

お祭りの日程等は、リサーチ不足であった。
日本同様、イタリアにも祭日がある。

訪れた4月1週目に、クリスマスやお正月よりも盛大な祝日がやってきたのだ。

キリスト教徒のお祭りで『復活祭』と呼ばれている行事だ。

イタリアでは、パスクワと呼ばれいる。私もそうだけど、参加した仲間もみんな知らない。

滞在記6話①.JPG

復活祭シーズン。

お菓子店のショーウィンドには、カラフルな巨大チョコ卵が飾られている。

十字架にかけられて亡くなったキリストが、復活する日らしい。キリストの復活を祝う日なのである。

その日はいつなのか?「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」がその日にあたる。

何だか、考えてると頭が混乱してくる。笑。
満月の次の日曜日か...何だか神秘的。

十五夜みたいだわ~月見饅頭なんて食べたりして?
ここは、イタリア...そんな事はないだろう。

でも、後に満月饅頭ならぬ、卵型チョコを食べる

風習がイタリアにある事を知った。形は、ほぼ一緒だなあ~。甘いというのも共通しているわ。

いったいどんなお祭りだろうっか?復活祭を祝って、イタリアは連休が始まる。

学校や職場も1週間程の休みになる。夏休み(バカンス)前の、プチ休日という所だろうか。

『お祭りの休みは、イタリア人はどんな風に過しているの?』助手のマリエッラさんに尋ねてみた。

パスクワになると、お弁当を作り、家族揃ってピクニックに行く習慣があるんですって♪素敵~♪

イメージは、お花見だろうか?とにかくピクニックとは、いい響き!(行きたい!)

私達も、パスクワにはピクニックを体験出来るのかな?

それは、ないわよねェ~。そう思っていた。(この時までは)

ルッカの街も、お祭りムードが漂っていた。

お菓子屋さんには、パスクワ用の、派手なラッピングの大きなチョコレートで出来た卵が

至る場所に陳列されていて、とても綺麗だった。

『どうして卵なのかな?』何かわからないけど、お祭り騒ぎは大好きな私。

菓子店のショーウインドの巨大なチョコ卵を見て、何故か興奮してしまった。

チョコ卵はいつ食べれるのか?どうして卵なのか?色々な疑問が頭の中をよぎる。

一般的な説の一つに『卵は生命が生まれる物であり、キリスト教の象徴』が有力説らしい。

『金色に塗られた卵。何だかイタリアで浴びている元気な太陽にも見えるわ~』
イタリアの太陽って、本当に元気になるんです。

私だけ?かなあ...。

そんなイタリアで、3ヶ月も太陽を浴び放題の私。日焼け跡がくっきりと残っている。笑

日本で卵を見ると、イタリアの盛大なお祭り『パスクワ』そして『ジャンルーカ先生』を思い出す。

滞在記6話②.JPG

伝統的な建物の商店街。色鮮やかなショーウインド。

イタリア人はセンス抜群。

巨大なショーウインドのチョコ卵、それと家庭でも、家族から贈られたチョコ卵も同様に、

お祭りまで飾っておく。

そして当日に中身(中身に何か入っているらしいの)を開ける習慣があるそうです。おまけ付き♪

どこかで聞いた事があるぞ~おもちゃの缶詰みたいだわ~。(ワクワク♪)

パスクワの習慣話を聞いた、数日後のある日。実習後、ホテルの部屋に戻ったら、、、

ベットメイキングさんからのプレゼント?小さな卵型のチョコが部屋のテーブルの上に置いてあった。

『わぉ~っ!』早速、上の階のゆかちゃんに連絡を入れてみた。

何と、私の心情を掴むのが早いのか。。会ってまだ1週間経過していないのに。笑

『パスクワ当日(次の日曜日)まで、中身を開けちゃいけない!』部屋へ入る度に、可愛い卵型チョコに

そう言い聞かせて、当日を迎えたのは、言うまでもない。

『中身も楽しみ~チョコの味も気になるぅ~』
私の胃袋の叫びが、ここでも聞こえて来てしまった。

小さい時に母から言われ続けた言葉を思い出す。

『腹も身のうち』 身体を壊しては、イタリア滞在も楽しく終える事は出来ない!

母の助言は正しいかも。以降、イタリア滞在時は、よく母の助言を思い出していた。

食べすぎには、十分注意しなきゃ。

滞在記6話③.JPG

ルッカ市内のバール(喫茶店)。

ちょっと歩き疲れた時には、超甘いデザートで癒される。

イタリアの祭日(それと日曜日)は、凄い。

これもカルチャーショックだった。

『なるほど~今の生活に慣れている日本人は、生活出来るかな?イタリアで』

ふと、考えてしまった。

便利な世の中っていつから始まったのかな?異国の地で改めて考えさせられた。

まず、祭日・休日には、殆どのお店(スーパーも)が閉まっている。(えっ?日本じゃ逆だわ)

サービス業をしている人も日曜日は休日なのだ。

バス、鉄道も休日運行で本数が少ない。

って事は、家でのんびとした方がいい日って事なんでしょうね。

日曜日は家族との時間なのでしょう。

いつでも開いている日本のお店。便利さと引き換えに、家で過す時間を無くしてしまった。

イタリアへ来てみて、時間がゆっくりと流れていくのが、実感出来る。

 祭日、休日は、デパート、観光地が最盛期。

日本じゃ、24時間営業なんてあたり前の時代。

お店が閉まっていたら、日本人は家で家族と優雅に過せるのか?ピクニック?そんな

心境になる家庭は、どれ位存在するのかな??

日本は、家庭内の会話が少なくなってきている。

イタリアは、会話が乏しい?そんな事はありえない。

本当に、朝から晩までしゃべっている。

実習期間の4週間、毎日食事を共にしたイタリア人の先生達。

食事をしながら、会話を交わす。絶えずおしゃべりをしている。

イタリア人は、人とのコミュニケーションを、会話を通じ上手にとれる。

そんな才能があると感じた。

電車に乗っても、同席した知らない者同士が会話を交わしているのは、日常的だった。

家族との時間を、大切にしているイタリアの国さながらの、復活祭のピクニック。

実に微笑ましい行事だわ。 

滞在記3話.JPG

商店街の中のハム店にて。

『チャオ(こんにちは)♪』店主が笑顔で迎えてくれる。

そう言えば、ホームステイ先のマンマと一緒に食事をした時の話...。

会話が弾みに弾み♪...夕食を終えたのが、夜中の12時を過ぎてしまった事がある。

(しかも1度だけじゃない。笑。)

何語で会話が弾んだの?それは~勿論イタリア語で!笑。

今から思えば、不思議でたまらない。

よっぽど理解力のあるマンマだったに違いない。

話の続きは、またホームステイの滞在記でお話したいと思う。

マンマとの生活は、今思い出しただけでも、笑み(爆笑)がこぼれるのである。

勿体無いが、まだ先の話になりそうだ。笑 

胃袋の大きさは、マンマに負けた。これだけは、書いておかないと。笑。

ジャンルーカ先生(学院の校長先生)が、私達に『今度の休みは、何するの?』

ゆかちゃんが代表して答える(そう、仲良しグループの私達は、恐らく一緒の行動になるに違いない)

『そうだね~フィレンツェにでも、行ってこようかな?美術館巡りとか。。。』

『えっ?美術館だけ?私は、美味しい物と市場が見たいわ~』

そう!また食べる事ばかりを考えてしまう。だって食の勉強に来たんだもん。

学校で食べるイタリア料理とリストランテで食べるイタリア料理。

味の違いを確かめたいわ!

市場にも、美味しい食材が沢山あるはず。そう、心の中で呟きなら、ゆかちゃんに目で訴えた。

きっと彼女なら、判ってくれたと思う。笑

先生が『フィレンツエ??パスクワで何処の店も休みだよ。それに教会に行く人達で

街は、混雑している。フィレンツエには行かない方がいいよ~』とアドバイスをもらった。

滞在しているホテル(学院も併設している)超田舎町(先生が聞くと怒るかな?ごめんなさい)

しかも休日は、食事が出ないのだ。

近くにあるのは、併設したピザ店しかない。(美味しいけど)

夜8時頃まで、明るいイタリア。元気な太陽が覗かせている。

のんびりと過すのには、絶好の機会だけど初めてイタリアへ来た私達には、観光地・そして都会フィレンツエは、興味深々の場所。

先生のアドバイスも参考にしただけで、メンバー全員一致で、

フィレンツエ行きが簡単に決定してしまった。

先生ごめんなさい。笑

学院へ入学して初めての休日。

私達は、ルッカ市内から高速バスに乗り、フィレンツェ行きを目指す事にした。

そして、当日は、日本から新メンバーが加わる。(楽しみ♪)

イタリアレストランで働く経験もあるシェフのトラちゃん。

私より年下の男の子らしい。

九州から来たけんちゃんと同室。

フレンツェへ行く当日(夜中)に到着なので、きっと疲れている。

けんちゃんに誘って見てね。と伝言を頼む。行くか?どうかはトラちゃん次第。

でも、食に興味がある者同士。きっと長旅で疲れてホテルで休養?なんて事はしないはず。

明日は、この1週間を共にしたメンバー(4名)とトラちゃん。きっと5名になるはず。

そう私は、確信をしながら、お布団へ入った。笑

明日は、いよいよ初めての都会・フィレンツェにて、イタリア料理三昧をするぞぉ!

胃袋のコンディションは、言うまでもなく順調だった。明日が楽しみだ。

滞在記6話⑤.JPG

実習の時は、真剣モードのジャンルーカ先生。

プライベートは、とても優しい!

滞在記6話⑦.jpg

イタリアではお馴染み。フォカッチャ。

野生のハーブとミニトマトの2種。美味しかった~。

滞在記6話⑥.JPG

 ある日のメニュー『野菜のグリル』 

仕上げは、極上のオリーブオイルを贅沢に使用。