旬な野菜便り

新緑の6月 露地栽培・淡色レタスの出始める季節。

6月。本州方面が梅雨の季節にさしかかる頃、北海道は天候も穏やかで作物も成長し始める時期。
新緑の北海道。最高の季節が到来します。そろそろ露地物の葉物野菜も顔を出始めます。
野菜売り場にも、北海道産のサラダの素材のみずみずしいレタスがお目見えする時期。

 

P5300622.jpgレタス一面風景

一面に広がるレタス畑。まるで、新緑の絨毯のように美しい風景。  

 

レタスの種類も様々で、私達が通常レタスと呼んでいるのが、玉レタス(キャベツ状の葉で巻いたタイプ)で、市場の大半がこれに当たります。レタスの品種は案外多く約200種類あると言われています。すごい!玉レタスの仲間のサラダ菜、葉レタスと呼ばれている巻いていないタイプのサニーレタス、リーフレタス等は、緑黄色野菜に分類され、レタスの中で栄養価が高い。
焼肉屋さんで見かけるサンチュもレタスの仲間です他に、楕円形に外側が濃緑色、内側は淡い黄色のコールスローサラダで使われる立チシャ(別名:ローメインレタス)等、使う用途で沢山のレタスが栽培されているのです。

 

P5300610.jpg 玉レタス畑風景

約1週間後の初収穫を待つ結球(葉の巻き)途中の玉レタス達

 

『チシャって?』

 

レタスは、西アジアから地中海沿岸地方で野生していた原種を、ヨーロッパ地方で品種改良をして野菜として食べられたのが始まりです。植物の分類上では、キク科に属して、花は菊の花を思わせる黄色い花を咲かせます。和名では、チシャと呼ばれています。チシャという呼び名は、乳草がなまったもので、学名のLactucaのLacは、乳を意味します。みなさん、レタスの茎を切ると白い液が出てくるのをご存知ですか?乳液が由来と言われています。

 

『内側の葉っぱから成長するレタス。大きなレタスはどう食べる?』

 

レタスは、新しい葉が内側からどんどん出て大きくなります。葉はお互いに重なり合って出てきて
内側の葉はだんだんと立ち上がって出始めます。
やがて新しい葉の先が内側に巻き始めます。内側の葉が光をさえぎることが刺激となって
日数にして約3週間程で成長し、私達が普段目にする玉レタスの誕生です。

 

サラダ(生食)というイメージが強い様ですが、大きなレタスをどう沢山食べましょうか?
玉レタスの特徴は、火を軽く通すと、シャキシャキ感が抜群!沢山食べる事が出来ます。
さっと茹でたり、蒸したり、様々なソースとも相性がよく、最近では、しゃぶしゃぶの野菜にレタスを
入れる調理法もあるようです。夏に向けて、生サラダを食べたくなる季節。
レタスたっぷりでドレッシングをアレンジして、モリモリ食べましょう。
決してサラダ!というイメージだけでは、勿体無いですね。
定番?そんな概念は、捨ててみて、さあ、新鮮なレタスが手に入ったら、火を通してたっぷりどうぞ。

 

P5300615.jpg 玉レタス単体

巻きが出来上がる寸前の玉レタス。みずみずしく、歯ごたえが特徴の野菜。