イタリア滞在記

第八話

初めてのフィレンツェ② トスカーナの郷土料理を堪能

 

 フィレンツェに着いて数時間。待ちわびたPranzo(昼食)タイム!
私の胃袋は、準備万端。ゆかちゃんが探してくれたリストランテの前に
全員集合した。
今までは、学院のコーディネートでルッカ市内(留学先の町)で食事をした事は
あっても、自分達だけで、レストランへ入るのは初めて。
予約は必要なのか?慎重派のゆかちゃんに従い、開店前、現地確認の為に足を運んだ。


ドーモ.jpg 

 

 サンタマリアノベッラ教会(イタリアは教会と広場が多い。イタリアで動く場合は、近くに
どんな教会や広場があるか?覚えていた方がいいかも知れない)から100m程
離れた場所にあった。


 シャッターは、閉まっていた。レストランは、BucaMario(ブーカ・マリオ)
イタリア観光本には、『気どらぬ雰囲気で、美味しいフィレンツェ料理とワインが味わえる』
そう書いてあった。
私達が、閉まっているシャッターの隙間から覗きこんでいるのを、お店のスタッフが
気がついた。『予約が必要ですか?』覚えてないが、ゆかちゃんが尋ねてくれたと思う。
彼女は、本当に正義感が強く、決断力が早く(私より若いんだけど...)頼りになる。
スタッフとやり取りをして、開店時間に予約を入れてくれたようだ。あ~よかった。


 開店は、12:30。フィレンツェのレストランの開店時刻は、
お昼は、12:30~14:30。夜は19:30~22:30が平均的。
フィレンツェと書いたのは、同じイタリアでも、南の方へ行くと、もっと遅い時間に夕食タイムが
始まる。シチリア島のパレルモへ行った時は、びっくりした。

だいたい9時頃から食事をし始める。
 余談になってしまうが、パレルモで夕食をした時に、開店と同時(19時半頃)
店へ入ったが、お客さんは、私ひとりだけ。スタッフに『一人ですが、大丈夫ですか?』
スタッフは、『大丈夫。僕達がいるから。』 ん??なんて粋なセリフなのかしら。
私が一人だけど、決して寂しくないんだよ。僕達がいるから食事は楽しいはず。
私は、いいように解釈してしまった。さすが、イタリアーノ(イタリア男性)
女性には優しい。笑 


 後で耳にした情報だと、開店と同時に(イタリア国内で)訪れるのは、
ドイツ人や日本人が多いらしい。日本人は、夕食タイムが早いという印象があるようだ。
日本に留学しているイタリアの友人が、嘆いていたのを思い出す。
『日本は、夕飯の時間が早くて、お腹が空かないの~』って。笑
『郷に入ったら、郷に従え』イタリア留学経験者からのアドバイスを思い出した。笑
私は、日本に帰国した直後は、イタリアーナだったかも知れない。9時までお腹が空かなかった。


 シャッターが手動で開いた。いよいよ開店。予約人数は、ジャポネーゼ(日本人)5名。
ヴォンジョルノ(こんにちは)!お決まりの挨拶を交わす。気軽に入れるお店。
そう書いてあったが、素敵なテーブルクロスと、カメリエーレ(ウエイター)も
キリッとした正装スタイル。ふと自分の着ている服装に目をあてた。ジーンズにパーカー。
『あら~っ』もっといい格好してくれば良かった。後悔しても遅い。
その点、さすがセレブなゆかちゃん。きちんと可愛いスカートで都会へ参上したのだ。
『今度こそは、お洒落な服装でフィレンツェへ来よう!』


 カメリエーレがメニュー表を持って来た。ぜーんぶイタリア語。頭の中が???が沢山。
ここでも、ゆかちゃん大活躍。日本から電子辞書を持参していたのだ。
単語はわかるんだけど、ゆっくり考えないとメニューを理解出来ない私。
ここでも活躍の場がない。しかし食べたいメニューが全員一致で既に決まっていた。

 
トスカーンワイン.jpg

トスカーナ・サンジョベーゼ種の赤ワイン。陽気なイタリアの太陽の味がした。

 

 フィレンツェの代表的肉料理『ビスッカ・アッラ・フィオレンティーナ』
豪快なTボーンステーキが食べたい!日本にいる時から、私もリサーチ済み。
食べ物情報だけは、勉強をしてきた。一人じゃ食べきれない量らしいので、みんなで
1品は、それをオーダーした。


 日本でもイタリア料理店があるので、ご存知の人はいるかも知れないが、メニューには
アンティパスト(前菜)、プリモピアット(第一の皿。パスタや米料理)セコンドピアット
(第二の皿。魚やお肉のメイン)コントルノ(付け合せ。野菜サラダや温野菜)、
それと飲み物を最初にオーダーをする。


 日本と何が違うのか?席についても、水は出てこないのだ。水は、有料。
オーダーしないと出てこない。種類は2種あり、ナチュラル水とガス入りの水がある。
留学前に、東京の留学サポート会社のレストランで、初めてガス入りの水(イタリア産)を
飲んだ時には、物凄く感動した。喉こしが良くて...爽やかな気分になる。
以来、私は、ガス入り派になった。日本人は、ナチュラル水派が多いようだ。学院の
仲間もナチュラル派が多かった。今回は、2種類の水をオーダーした。


 ワインは?勿論、全員一致で注文する事が決定。お肉をオーダーしたので、赤ワインを
注文。トスカーナでメインに収穫されているサンジョベーゼという葡萄品種のワイン。
ワインと食事。昼間から飲むの?と思われるかも知れないけれど、ここはイタリア。
郷に入ったら、郷に従え。笑
イタリア料理にはワインが付きものだと、滞在して感じた事の一つ。
その土地で食べる食事には、その土地で収穫された葡萄がよく合う。
それを、実感出来ただけでも、イタリアへ来た甲斐があった。イタリア最高!


 オーダーは、単語が読める部分だけを理解し、本能のまま、豪快に頼んだ。
カルチョッフィ(アーティーチョーク)の前菜。
生ハムの盛り合わせ。魚介のフリット(フライ)、パスタ2種。Tボーンステーキ。
茹でたアスパラ(付け合せ)、ドルチェ(デザート)数種。締めのエスプレッソ。


 やっぱり感動したのは、ステーキ。日頃、肉を決して好んで食べない私だったが、イタリアで
味わうお肉は違っていた。炭火で焼かれて、席に運ばれたステーキ。テーブルの上に
置かれた瞬間、香り高く、食べる前に既に興奮してしまった。『うわ~っ』口に入れた
瞬間、肉汁が口の中で広がった。炭火で味付けは岩塩だけなのに、本当に本当に美味しかった。
今、思い出しただけでも、お腹が空く。笑
この日を境に、私は、肉食動物になってしまったのである。笑

 

ステーキ.jpg


少々食べかけの、フィレンツェ名物の炭火ステーキ。ビステッカ・アラ・フォオレンティーナ

本場の生ハムの味にも感動!

 

 テーブルに運ばれて来た食事を、みんなで思い思いに口に運んだ。
そこで、ひとつ気になる事を発見。メニューの中には、コントルノがある。
コントルノとは、野菜サラダや温野菜の付け合せの事で、メイン料理には、日本の
レストラン等で出される様な、付け合せの野菜は、別注文になる。

 コントルノ(付け合せ)は、温アスパラをオーダーした。
私は、大のアスパラ好き、次の留学先はイタリアのアスパラ特産地でもある。
それは、計画的にセレクトしたのである。単純に、アスパラを沢山堪能したいから。
笑。主旨は、間違っていない。食の勉強だから。笑


 アスパラ(グリーン)が運ばれて来て、少々ガッカリした。
イメージしていたアスパラとかなりかけ離れた色合いだったのだ。
見るからに『くた~っ』としていて、茹ですぎ?これじゃまるで、新妻が
茹で方知らずに、茹ですぎてしまったアスパラじゃないの~。と思った。
日本人は、素材の歯応えや色合いを大切に料理する方だと思っている。
アスパラは、さっと茹でてグリーンの色が鮮やかに。そうイメージしていた。
茹でたアスパラにEXオリーブオイルと少々のお塩。シンプルな味付け。
口に運ぶと、想像通りの味わい。アスパラは、口の中で、ふんにゃ~と潰れた。
『コリコリ、シャキシャキ』は、味わえなかった。


 後に、調理実習等を経験して判ったが、どうも野菜は、クタクタに煮込んだり
茹でたりする習慣があるらしい。
ちなみに、野菜の消費量は、イタリアは世界で上位にランキングされている。
日本では、野菜と言えば、生サラダ。イタリアは火を通した野菜をたっぷりと
食べる習慣がある。確かに火を通すと、嵩が減って沢山食べれる。
クタクタに茹でると、嵩が減る。胃袋に、沢山収納できるのね。
イタリア人の胃袋って凄い。

 訪れた場所での、火を通す野菜の食べ方。
クタクタで歯応えが無かった所が多かった。火は通し過ぎ?かも。
次の留学先のホワイトアスパラもそうなのか?コリコリシャキシャキ。
それは、この先のお楽しみ♪

 

 茹でたアスパラ.jpg

これが、温アスパラ。EXオリーブオイルにレモンが添えられている。

 

 セコンドピアット(肉や魚のメイン料理)は、ど~んとお皿に盛り付けられてくる。
これが一人前?私は、3週間後には、一人でのイタリア滞在になる。
レストランで一人で食事に出る事が多いのに...この量を一人で食べきれるのか?
イタリア人の胃袋は、相当大きいに違いない。
イタリアーナになりたくて。3週間後の私の胃袋をイタリア人仕様にする事が
一番早い解決策だと思った。 さて、大丈夫か?そんな細かい事は、後で考えよう♪

 

アーティチョーク.jpg

 

イタリアの野菜。アーティチョークの前菜。

上には、豪快にパルミジャーノチーズがのせてある。イタリアは、チーズも最高!


 ある程度の食事を終えた後、カメリエーレ(ウエイターさん)が
カフェ?と尋ねてきた。カフェと言ったら、エスプレッソの事を指している。
朝は、ミルクが入ったカプチーノ系が一般的に、飲む事が多いが、お昼や夕食後の
お茶は、エスプレッソが多い。凄く濃いイメージがあるが、イタリアのエスプレッソは
本当に美味しい。
 イタリアでは、バリスタと呼ばれる専門的なスペシャリストも存在する程
美味しいカフェ(エスプレッソ)を、飲めるお店が、全州に点在している。


 小さいカップに約30㏄程の量が入っていて、上部に、ぽってりと
したクリーミーな泡が浮かんでいる。
それに、ズッケロ(砂糖。グラニュー糖)を約10g入れて、2、3口で
飲み干す。小さいカップに、グラニュー糖を10gも入れたら甘くない??
最初は、そう思ったが、砂糖を入れる事で、甘さと苦味、酸味が調和されて
実に美味しく感じた。食後に飲むと口の中がすっきりとする。
イタリアで飲んだエスプレッソは、本当に美味しかった。

 

ドルチェ.jpg

 

最後は、ドルチェ(デザート)。イタリア人は甘党?物凄く甘いデザートが並ぶ。


 食事も終わり、いよいよ会計タイム。お会計は、席で支払うのが一般的。
カメリエーレさんに、『お勘定をお願いします』勿論イタリア語で話かける。
お会計の伝票がきた。イタリア人の数字は(こんな事いっていいのかな?)
見にくい。(見慣れない?と言った方がいいのかな?)乱れ気味?に見える数字が
書いてある伝票を見て、サービス料金が加算されているのか?
しっかり者のゆかちゃんが、またまたチェックしてくれた。


 簡単に言うと、チップを支払う習慣があるイタリア。伝票に含まれている
場合もある(この場合、食事のメニュー以外にコペルトと記載してある)が
よくわかならいし、全員食事に満足したので、料金の他にチップを添えて
支払いをして出てきた。

 

 Grazie(グラッツェ。有難う)Arrivederci(また会いましょう)
割り勘で一人40ユーロ(約6600円)
いやぁ~よく食べたわ。学院での実習メニューも、ほぼ同様の内容だ。
毎日、高価な食事を作って食べているんだわ。
イタリアへ来て、まだ1週間。かすかに顔がふっくらした感じがする。


 『あ~満足!』気持ちも胃袋も満たされて、お店を出た。さあ、今夜は何を食べようか?
昼間から、ほぼフルコースを満腹状態で食べた。他に何を食べる?
夜は、ルッカ市内へ移動をして、お奨めのピッツェリア(ピザ店)でPizza(ピザ)
を食べる事に決定。

ピザと言えば、ビール。イタリアに来てからビールをまだ口にしていない。

夜までの楽しみが、また増えた。初の地ビール。
ビールとピザを楽しみに、カロリー消費をしよう!

 

フィレンツェ散策は続く。

 
ヴェッキオ橋.jpg

 

観光名所:ベッキオ橋。橋の両側には、宝石店等が立ち並んでいる。

 

ウフィッツイ美術館.jpg

 

ウッフィツイ美術館付近。ルネッサンス時代の美術品が沢山展示されている。