イタリア滞在記

第二話

  ルッカ・イタリア料理学院での生活がスタ-ト♪

 

長いフライトを終え、とうとうピサ(有名なピサの斜塔がある場所)空港へ着いた。

イタリア時間では、深夜の11時着。日本との時差は7時間。まだ331日である。

時差ボケなど全く感じずに、ただただ大興奮で気持ちは踊っていた。飛行機の中では

殆ど眠れなかった。イタリア語を勉強する為、本を持参で乗り込んだが、目を通すだけで

頭に入らない。興奮だけが先行して、寝付けぬまま初イタリアへ足を踏み入れた。

ピサ空港で、仲間の一人と初対面の再会を果たす。岐阜から参加のゆかちゃん。小さくて

岐阜弁丸出しの彼女はハツラツとした元気な女性。後に私達の道先案内人をしてくれる

若きリーダー的存在になった。(私のお世話人にもなってくれた大切な友人になった)

 

 ピサ空港に着き入国完了!イタリアの空気をこれから満腹になるほど吸えるぅ~。

深く深呼吸をしながら、到着ロビーを見渡した。

日本人の小さな女の子(ゆかちゃん)がジャンプをしながら私達に手を振ってきた。

異国の地での日本人、初対面だったが、既に仲間意識が強く

私も同様大きくジャンプし大手を振って返した。ゆかちゃんいわく『初対面なのに

旧知の仲みたく手を振るヤスコは不思議だった。でも心が通じたよね、あの瞬間から』

便の経由が変わり到着時間が遅れたせいで、彼女はしばらく一人で待ちぼうけをした

ようだ。お出迎えには学院からの依頼のタクシーへ乗り込み、深夜のイタリアだからか?

辺りは暗くネオンも見当たらない。相当田舎?右走行だったので異国の地に来たんだな。

と確認出来ただけ。風景は私の実家と似ていた気がする。笑

107-0747_IMG.jpg

宿泊先&学校 ホテルCarighano

  走り出して約40分、これから4週間短期料理留学をする宿泊先のホテルに着いた。

玄関には、料理学院の校長のジャンルーカ先生と通訳さんが笑顔出迎えてくれた。

今回、入学した学院は、イタリア料理を学びたい日本人の為にと作られた学院です。

(創設者については後に詳しく紹介したいです。凄く素敵な方なので~。)

沢山の日本人がここで学び、イタリアや日本で活躍している。

校長先生のジャンルーカー先生は、日本語が抜群に上手。恐らく最初の言葉は

日本語だった気がする。緊張の糸がぐっと切れた瞬間でもあった。

『みんな疲れたでしょ~』日本語で労いの言葉をもらった。

ここはイタリアなのか?また考えてしまった。(笑)

 

 私の部屋まで先生が荷物を運んでくれた。イタリアは1階が0階表示である。

2階の101号室。部屋はシングルベット、小さい丸テーブルに椅子、クローゼットのみ。

少々狭いが住めば都。トイレとシャワーは一緒で、何故か境界線がない。これはシャワーを浴びると

トイレが水浸し?留学準備中にメールで親交を深めた学院先輩からのエールを思い出した。

『郷に入ったら、郷に従えですよ。イタリアを十分満喫して来てね!』

そうだ、そうだ。ここはイタリア。それが普通なんだわ。これから習慣の違いが沢山あるのだろうけど

それもご愛嬌。イタリア生活を楽しもう!

早速、シャワーを浴びて見よう!便器は蓋を閉じて準備完了。想定した通りの光景に

なった。しかもシャワーが少々冷たい。イタリアはシャワー事情があまり良くないとも

聞かされていたのを思い出した。『まあ仕方がないかっ』とにかく早くイタリアーナ(イタリア人女性)にならなくっちゃ!後にイタリアの電気、水のお国事情がわかってくる。

私の住む日本が、いかに良い環境であったかが十分にわかった。これも海外生活をしたからだわ。

可愛い子には旅をさせよう。こんな諺をふと思い出す。(笑)この年齢になって本当に

勉強になる事柄ばかりだった。人情の温かさに触れ合った3ヶ月。人との出会い話を

語ると、この滞在記はいつまで続くのか??自分でもわくわくする。

 

さあ、休まなきゃ。明日はイタリア語を話せるのか?ブオンジョルノ!(こんにちは!)

元気に挨拶をしてみよう!

 

107-0753_IMG.jpg

 ジャンルーカ校長先生と名アシスタントマリエッラさん